人気ブログランキング |

みなさん、こんにちは。国際文化学科3年の山本若菜です。
1月の下旬に、1年間の留学を終え、無事日本に帰国しました。
思い返せば長いなと思うときもありましたし、でも何だかんだ一瞬に時が過ぎていくと思うほうが多かった気がします。
去年のちょうどいまくらいの時期に留学に行きました。そのときはこれからどうなるんだろうという不安より、これから楽しいこといっぱいしていくぞという期待のほうが大きかった気がします。
留学は楽しいよ、とたくさんの留学経験者の先輩からの声を聞いていたので、その言葉をそのまま受け止め、留学とは楽しいものなんだと認識していました。
今は過ぎてしまったことだから言えるのですが、やはり楽しいことだけではなかった気がします。
気兼ねなく悩み相談をする友達も家族もいない生活の中で唯一、日本にいる友達との電話が自分らしさを出せ、楽しかったなと感じる時間でもありました。
自分から何かをする、新しいことにチャレンジすると口では言ってたものの実際に怖かったんだろうと思います。留学に行く前は大口をたたいて目標を語っていましたが、実際はその目標は何にも達成できず、ただただ授業に行き、なんの刺激もないそんな日があったのも事実です。
しかし、そんな自分の平凡でなんの刺激のない生活の転機は恥ずかしいことに妹からの一言でした。
「自分から何もしないと、周りは確実に動いてくれない」
わかっていたけど、遠ざけてきた言葉でした。
その言葉に刺激を受け、たくさんの人に「明日ひま?」「暇ならごはんいかない?」
と今まで待っていた言葉を自分から言うようになりました。
それ以来、あまり多くはありませんが、ほとんど毎日予定があるほど忙しくなり、授業以外で韓国語を使う機会も増え、確実に充実した日々へと変わっていったのです。

留学のみならず、これから何か新しいことに挑戦するとき、自分から何かしないと何も始まりません。私の留学の目標は語学能力を伸ばすことのみならず、たくさん友達をつくることでした。
多ければ多いほどいいなとは思っていましたが、日本に帰った今でも連絡をとりあったり、日本にきてくれたり、そんな友達が数人できただけでも私にとっては目標達成です。
あの時の妹の言葉で、今振り返って私の留学生活に後悔はありません。
やり切ったと思います。
楽しいことだけではなかったけど、今でも自分から進んで何かに挑戦する勇気を持ち、新しいことに挑んでいます。
留学の中で変わったことは、語学能力が伸びた私もそうですが、各段に自分1人でなんでも進んで行動できるようになった私が、一番成長できたなと思います。
by imuzemi | 2016-02-27 23:22 | 山本若菜@慶南大学校2015

留学を終えて



こんにちは!3年の松岡優衣です!
今回は交換留学を終えて感じたことなどを書きたいと思います!

私は交換留学を終えて、本当に留学をして良かったと感じることができています。
私が留学を決意した大きな理由は語学力の向上だったのですが、いざ留学を終えてみると語学力が向上したのはもちろんですが、それよりも人間的に成長することができたと思います。

特に自分から何にでもチャレンジするようになりました。今までは消極的な方でしたが、韓国では自分からいかないと何も始まりません。
私は留学中にしたいことがあったので、そのことを友達に相談したり、自分で積極的に調べたりしました。すると友達からこんなのあるよなど声をかけてもらえるようになり、待っているだけでは何もならないと感じました。そして、自分から働きかけると応えてくれる人がたくさんいることにも嬉しさを感じることができました。

私は1月に一時帰国をし、先日まで韓国でインターンシップをしていたのですが、留学同様自分から働きかけることで社会人の方や韓国の方とお話をする機会をいただけました。
きっと留学をしていなかったら韓国でインターンシップをする挑戦もできなかったかもしれません。留学をして私が今までに出会ったことのないたくさんの人に会って、本当に世界が広がったし、いろいろな人と関わってもっと学びたいという気持ちが大きくなりました。

留学で学んだことはたくさんありますが、これで終わりではなくこれからにつなげていかなければならないと感じています。
特に出会った韓国人とのつながりを継続してさらに広げる、語学力をもっと深める、これから留学を考えている人や韓国に興味を持ってもらえるようにサポートをするなどです。また、韓国にいて日韓交流会などが開かれることが少ないと感じました。そのため日韓交流をサポートする活動などもしたいと思っています。
将来は留学経験を活かし、韓国語をツールに仕事をしたいです。これから先もいろいろなことがあると思いますが、この1年で学んだことを活かしてがんばっていきたいと思います。
by imuzemi | 2016-02-25 14:58 | 松岡優衣@慶南大学校2015

留学生活をふりかえって

こんにちは。国際3年の木下です。
私は釜山大学に1年間留学していました。
そこで学んだこと、感じたことなど書いてみようと思います。

~生活の中の言葉・文化~
これは韓国に留学して、同じ世代の友達と毎日過ごしてはじめて知ることができるものだと思います。日頃の会話やカカオトークのやりとりから若者言葉や略語、釜山の方言などにたくさん触れることができました。また、韓国の酒文化や礼儀、年齢を重視するなどの文化も実際に経験してみると日本と違うところが多くとても新鮮で、過ごしていくうちにだんだん自分もその文化に適応できるようになっていきました。

~語学力~
授業や日頃の会話などを通じて特にリスニングとスピーキング力が留学前より伸びました。もちろんまだまだ知らない言葉はたくさんあるのでこれからも勉強を続けていきたいと思っています。また、韓国は勉強しやすい環境が整っていて、勉強熱心な人が多くかなり刺激をもらいました。これからも韓国で身についた勉強習慣を日本でも維持できるようにしたいです。

~韓国でのコミュニティー~
韓国に行くまでは日本で韓国人とかかわれるのは少数の留学生くらいでしたが、留学にいくと多くの韓国人と知り合うことができ、韓国人だけでなく同じように韓国語を勉強している外国人留学生や他大学の日本人などいろいろな人と接する機会がありました。韓国人の友達とは、よくご飯や遊びに誘ってもらったりお互いに言語交換をしたりして1年間でかなり仲を深めることができました。このように韓国でできたつながりをこれから日韓交流を深める際に役立てていければいいなと思っています。

~積極性・柔軟性~
海外にでると積極性はとても大事だと思います。自分からいろいろなところに目を向けて動いていくと新しいチャンスや人との出会いが増えます。いろいろ挑戦することは何より楽しいし生活が充実して自分の成長にもつながります。私は留学での1年間を通してよりフットワークが軽くなり、オープンな心になったと思います。また、文化が違う中で最初は驚くこともありますが今は柔軟にすぐ適応できるようになりました。どんな違いも楽しめればいいと思います。

このように私は留学中に多くのことを学び、経験しましたが、それを留学だけで終わらせず次につなげていきたいと思います。具体的には
・身につけた語学力をもっと深くのばす
・韓国人とのつながりを保ちながらこれからも広げる
・韓国語を勉強している後輩や、日本語を勉強している韓国人留学生のサポートをする
などです。将来は韓国語を使い、日韓交流ができるような場所をつくる仕事をしたいので、留学経験を生かしてこれからも楽しくがんばりたいです。
by imuzemi | 2016-02-25 11:56 | 木下瞳@釜山大学校2015

一年間を振り返って

こんにちは、国際文化学科三年生の濱中里奈です。
早いもので韓国から日本に帰ってきてもう二か月が過ぎようとしています。
改めて考えてみればほんとにあっという間ではありましたが、充実した10か月となりました。

一年近く生活をしてことで感じたことはたくさんありますが、最も感じたことは文化の違いを感じたときに柔軟に対応する適応力です。
私はもともと約束をきっちり決めたりしたいタイプですが、韓国ではその日に突然ごはんに行こうと誘われたりする機会がとても多かったです。
留学はいつも予想外なことが起こります。
私自身、けがをしてしまい入院したりしましたが、日本ではこうなのにという固定概念を捨て、柔軟に対応するということが韓国生活を充実させるために必要な一つであると考えます。
また、勉強面で韓国人はとても勤勉です。
私はそこにとてもよい刺激を受けたし、大学生は勉強しないという風潮がありがちな日本は見習わなければならないと感じました。
韓国人の友人と一緒に勉強すれば自分自身も韓国語を学ぶことができよいと思います。

私は韓国で学んだことはたくさんあります。
語学だけでなく、適応力や自分から積極的に動かなければならない大切さなども学びました。
この一年間で学んだことを生かせる仕事をしたいです。
また、後輩が韓国語に興味を持ってもらえるように伝えていく活動も行っていきたいと考えています。
by imuzemi | 2016-02-18 22:31 | 濱中里奈@釜山大学校2015