人気ブログランキング |

昼食会!

国際文化学科2年の松岡優衣です。

無事韓国から帰国しました!韓国では充実した毎日を送ることができました😊


24日はチャンウォン市の局長でいらっしゃるイ・マルスンさんと一緒に昼食をいただきました!

この方は女性として初めて局長に就任された方でした。

d0160145_21572653.jpg

この写真は、吉田さんが挨拶をしているときのものです。左手前に座られている方がイ局長です。


ここでイ・マルスンさんの挨拶の言葉を掲載させていただきます。

韓国チャンウォン市を訪問してくださった山口県立大学イム・ヒョンジュン教授と学生の皆さんお会いできて嬉しいです。
山口市は韓国チャンウォン市と姉妹縁組がなって、以前からお互いに行き来が多かったです。それで情感が行く都市であり、皆様を見たら、一緒に住む近所の人のような親近感がします。よくいらっしゃいました。
山口県立大学は山口県地域再生と活性化を目指し、様々な貢献をしている大学だと知っています。私たちチャンウォン市も、都市再生で地域活性化をしようとするこの時点で、皆さんが私たちの市の商圏の活性化事業と都市再生事業に直接参加して情報を交流して、多様な意見を提示するというのはかなり鼓舞的なことだと考えられます。これからも山口市とチャンウォン市の共同関心事を共有できる機会があることを願います。
韓国チャンウォン市に滞在する間、快適に過ごして健康な姿で故郷に戻って、チャンウォンでの体験が皆さんがしようとする地域再生活動に大きく役立つことを願います。
2014年9月24日 チャンウォン市均衡発展局長 イ・マルスン

貴重なお話を聞かせていただき、このような機会をいただくことができて、本当に嬉しく感じました。




私たちがチャプチェが好きということで大量のチャプチェが!(笑)

d0160145_21583823.jpg


ご飯も美味しくいただきました😊



by imuzemi | 2014-10-01 21:56 | 山口発信PBL2014

こんにちは、国際文化学科二年の濱中里奈です。
先日、無事韓国での全日程を終え、帰国しました。

私は、ブース三日目のことについて紹介したいと思います。
9月25日(木)は山口の文化紹介ブース三日目でした。
女子高校生とともに、まず先生のお話しを聞きました。

d0160145_0501539.jpg


次に、チームに分かれて「ミッション」を行いました。
「ミッション」とは、私たちがブースを開いた近くにある芸術的な作品や看板などを探し、写真を撮り、そのスピードを競うゲームでした。
女子高生はパワフルで私たちのメンバーは残念ながら二位でした。

d0160145_1625253.jpg


そして山口の文化を紹介し、私は大内塗りの塗り絵を担当しました。
こんなにも準備したにもかかわらず、実際に韓国語で伝えるのは難しいなと改めて気づかされました。
もっと伝えたいこともあったし、もっとうまく伝えられるようになることが次への反省です。

しかし、韓国の学生はきちんと反応を示してくれ、分からないときは、きちんと分からないと伝えてくれるので、私もやりやすかったし、見習いたいなと思いました。

最後には仲良くなれたし、ほんとに多くのことを学んだと思います。
このような機会を与えてくださって、また参加できてほんとに良かったと思いました。
d0160145_1635032.jpg


この経験を生かし、違う形での山口の文化紹介や、逆に韓国の文化を日本で紹介したり、など次につなげたいと思います。
by imuzemi | 2014-10-01 16:35 | 山口発信PBL2014

こんにちは!国際文化1年の吉田愛です003.gif

私たちは9月19日~27日に行った韓国の馬山でのスタディーツアーを終え、先日無事に日本に帰国しました。そこで今回私は、山口の文化紹介ブース2日目について紹介します!001.gif

ブース2日目はあいにくの雨となり、午前中に予定されていた現地中学生の来館は残念ながら中止となってしまいました。007.gif
しかし、午後からの現地小学生の来館は予定通り行われ、現地の小学生約90名が私たちのブースに足を運んでくれました!019.gif

d0160145_2035076.jpg



まず、日本の紙芝居を日本語と韓国語で披露し、表現の違いなどを一緒に学びました!披露する側の私たちも最初は緊張していましたが、みんなが楽しそうに聞いてくれ、一緒に読んでくれたので、だんだんと緊張も解け、私たち自身も楽しむことができました。019.gif


紙芝居の後は、各ブースに分かれ、それぞれ特産品の紹介や体験などをしてもらいました!

d0160145_20145019.jpg


私は徳地和紙の担当をしましたが、ブースでは徳地和紙の説明をし、その後しおり作りの体験をしてもらいました。大勢の前で韓国語で説明をするのには、緊張もするし、上手く言えなかったりと、簡単ではありませんでしたが、このこともいい経験となりました^^

d0160145_20293467.jpg


d0160145_2030671.jpg



また、韓国には徳地和紙のように伝統的な紙である韓紙がありますが、直接触ってみて薄さの違いに気づいたり、徳地和紙の特徴を生かして今後どのような用途で使ったらいいかなどの意見を聞くこともできました。

まだまだ言葉が通じずもどかしく感じる部分もありましたが、今後の学習の原動力になったのではないかと思います。また、国が違い、言葉も文化も違う中で、韓国の方々に日本文化を紹介したことで、少しでも関心を持ってもらい、山口や日本を知る一つのきっかけになったのならとても嬉しいです!

私はただ一人の1年生として参加し、はじめは何もわからず長い準備期間や現地に行っても先生や先輩方の指示を待つだけでしたが、フリーマーケットやブースを行い、韓国の人たちと交流をしていくうちに、自分から動かないと何も始まらないということを学びました。


このように、今回のスタディーツアーを通して得たことや学んだことは多く、改めて今回参加させていただけたことに感謝すると同時に、関わってくださった方々、支えてくださった方々、そして担当してくださった先生方や一緒に活動してきた先輩方に感謝しています。


この経験を生かし、今後も多くのことに挑戦していきたいです!
by imuzemi | 2014-10-01 10:40 | 山口発信PBL2014

ブース一日目の出来事

国際文化学科2年の小川一信です!
あっという間に8日間のスタディツアーも終わってしまいました。
これから、ブース一日目の様子をお伝えしようと思います。
ブース一日目は慶南大学の大学生の方が四十人ほど来てくださいました。まず、紙芝居を披露しました。慶南大学の人たちも楽しくきいて、参加してくださったので、安心しました。日本の学生と違って積極的に参加してくださるので、私達も楽しくやることができました。
そして、紙芝居が終わり、各ブースに分かれて、山口の特産品紹介してきました。私は小野茶を担当していて、韓国の人は日本の緑茶をあまり好まないと思っていたのですが、「韓国の緑茶ににている」「ちょっと苦いけどあまくておいしい」等の意見くださり韓国の人にも緑茶をたのしんでもらえるんだと思いました。
それから、けん玉も大盛況でなかなか難しいといいながらも、夢中でやってる方もおられました。
わたしがこの日韓国の学生をみて学んだことは、物事にたいして受け身ではなく、自分からやっていこうと思いました。そうすれば、話してる人も楽しくさせ、雰囲気もよくなっていくので大切なことだと感じました
d0160145_10582040.jpg

d0160145_10574546.jpg


d0160145_10570368.jpg


by imuzemi | 2014-10-01 10:29