人気ブログランキング |

みなさん、お久しぶりです♪
化粧品会社に就職してもうすぐ2カ月が経とうとしています。

入店したての頃は仕事内容も全くわからず、商品説明もままならない状態でしたが、
この2カ月でカウンセリングをして、お客様に合った化粧品やサプリメントを勧められるようになりました。

お客様の中には中国人の方も多く、片言の日本語を話す方もいらっしゃいます。
そのような時には難しい言葉を使わず、いかにわかりやすく伝えるかを考えて商品説明します。
これは大学時代に韓国の友達と日本語で話すときに気をつけていたことが、
社会に出ても役に立ってます☆(韓国人のお客様がいないのは残念ですが^^;)

国際文化学科を卒業して化粧品会社に就職するのは一見あまり関係なさそうに見えますが、
様々な人とのコミュニケーションを円滑に行うための技術や心得は、国際文化学科だからこそ学べたようにも思います。
また、固定概念を持たずに相手と接するということも、今の仕事で役に立っています。


今就職活動をしていたり、これから就職活動を始める人は、大学で学んでいることとやりたい仕事が関係ないと思わずに活動してほしいと思います。
必ずどこかでつながりがあります。
マインドマップのようにたくさんのつながりを見つけてくださいね001.gif
by imuzemi | 2011-06-04 01:13 | 卒業生からのお便り♪

修士課程1年を振り返って 

 現在、韓国釜山大学にて留学中の小野華奈です。
 久しぶりの韓国ルポです。今回は大学卒業後に、進学した釜山大学の修士課程1年間を振り返ってみたいと思います。馬山ではなく釜山という新しい環境の中でスタートした1年は、いろんなことがありました。まず、院に入って思ったのは、自分よりも一回り以上の年齢の方が多いという驚きと、学部時代とは違い、自分から動かなければ何も身に付かないということでした。学部では授業があるから、学校へ行くという気持ちが多かったのですが、院に入ると授業は週に2~3回しかなく、その他は自分で勉強するというスタイルなので、正直に言うと、やる気がないと続かないと思います。時間はたくさんあるけれど、その時間を上手く使えているのか、無駄な時間を過ごしているのではないかと思うことも多々ありますが、入学した時に無理せず自分のペースでやっていこうと決めたので、自分なりに頑張っていますし、後悔はしていません。

 大学院に入ってからは、日本語の家庭教師のバイトもしています。最近は日本語学習者がどんなことを考えながら勉強しているのか、実際に教えながら学習者の立場で一緒に考えられるようになってきた気がします。また院の先輩たちの中には、大学で日本語講師をしていたり、塾で教えていたりと日本語教育に携わっている方が多いので、先輩たちの話を聞くだけでも勉強になります。生活の面では、最初の半年は寮での生活でした。ルームメイトが中国人で、始めは上手くやっていけるか不安でしたが、とてもいい人で楽しく生活できました。もちろん文化の違いを感じることも多々ありましたが、それはお互い様だと思ったので特に気にはなりませんでした。それよりも半年間いろんな話が出来て、韓国にいながら中国文化を垣間見ることができていい経験になったなと思います。現在は1人暮らしですが、日本にいるときは実家から通っていたので、1人で生活するということに慣れるのに時間が掛かりました。1人暮らしになって半年経ちましたが、やはり私は1人暮らしが向いていないようです。でもたくさんの友人に支えられながら、楽しい留学生活を送っています。それから、昨年の10月に釜山韓日文化交流協会の奨学生に選ばれました。この奨学金は、私が交換留学中に書いたルポ25で紹介した映画「あなたを忘れない」の主人公であるイ・スヒョンさんのために集まった見舞金をもとに創設された奨学金制度でした。イ・スヒョンさんが釜山出身であるということから、毎年釜山に留学している日本人学生から数名が奨学生として選ばれているそうです。勇気ある行動で、命を助けたイ・スヒョンさんから頂く奨学金だと思うと、私が頂いていいのかという気持ちと、光栄で有難い気持ちでいっぱいです。
 また後日知ったのですが、大学2年次に参加し、私が韓国に興味をもつきっかけとなった、アジアカレッジという日本と韓国の大学生が両国で文化交流や平和学習をしながら、交流を深める国際交流プログラムを推進しているのが、釜山韓日文化交流協会だったのです。これも何かの縁だったのかと思うと、喜びが2倍になりました。

d0160145_18105.jpg

 最後に、東日本大震災について。韓国でも毎日のようにニュースで報道され、街頭で募金活動をしているのを見かけたりもします。先日、小学生くらいの子供達が頭を下げながら募金活動しているのを見かけました。「ありがとう。」と話し掛けると、「頑張ってください。心配しないでください。」と返してくれて、自分の国の事ではないのに、自分の事にように一生懸命募金活動している姿を見て、涙が出そうになりました。それ以外にも、知人から大丈夫なのかという連絡をたくさんもらいました。知人だけでなく、コンビニの店員、バスの運転手など自分とは関わりのない人たちも、私が日本人と分かると心配して声を掛けてくれます。このような小さな心遣いが、大きな心遣いになってきっと震災された方々に届くはずだと思います。韓国だけでなく世界中の人が心配してくれています。このような出来事は二度と起こってほしくありませんが、震災後、日本だけでなく世界が一つになっているような気がします。“つながり”ってこんなにもパワーがあって温かいものなのだと感じました。

今回の震災により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りします。みんなで力を合わせれば乗り越えられると信じています。Pray for Japan!!

d0160145_1824734.jpg

by imuzemi | 2011-04-26 18:05 | 卒業生からのお便り♪

今の頑張りが後の宝に☆

小野華奈056.gif
(韓国釜山大学大学院、修士課程1年)

안녕하세요!!!
私は、大学院に進学し1年ぶりに韓国での生活がスタートしました。
今思えば、まさか自分が韓国に興味を持つなんて考えもしませんでした。勢いで決めた交換留学でしたが、その勢いがなかったら、私はきっと違う人生を送っていたと思います。日本語教師という夢もただの夢で終わっていたと思います。「人生何が起こるか分からない」ってこういうことなんですね001.gif
さて、1年ぶりの韓国の生活は、第2の故郷に帰ってきたような懐かしさと新しい発見や出会いの毎日です。ちなみに、大学院の所属は日語日文学科です。

「どうして、日本人が韓国で日本語を学ぶのか。」

とよく質問されます。私自身その事で悩んだし、現在も躓くたびに考えます。でも、自分の選択は間違っていないと思います。私は今後、韓国で日本語教師をしたいと思っています。実際こちらで勉強していると、韓国文化や韓国語を学べるだけでなく、学習者が何を思いながら日本語を学んでいるのかを感じることができます。それは、韓国で日本語を教えているからという理由だけではなく、院生のうちのほとんどが韓国の方であるため、授業中に日本人では考えられないような意見や質問がたくさん出てくるからです。
 
 例えば、「兄ニダケ話した」と「兄ダケニ話した」(寺村,1991)はどう違うのか。
という、質問がありました。皆さんは、どう思いますか?寺村氏は、これについて日本人によってそれぞれ答えが異なり、特に意味の違いはないと述べていますが、よく考えてみると「兄」と「話した」のどちらを対象にするのかなどによって、「ダケニ」と「ニダケ」に違いがあるかもしれません。…長くなるので詳しくは書きませんが、韓国語には「한테만」という表現はあっても「만한테」という表現はないのでこのような質問が出てきたのでしょう。
 
こちらで勉強し始めて思うのは、日本語に限らず、人が気持ちを伝える手段である言語を学ぶことは、容易い事ではないということです。

現在、大学院で学んでいるのは、音声、シンタクス、そして日本霊異記です。授業形式は、①学生がテーマに沿って発表②質疑応答③教授がまとめられるという形です。3時間授業の半分は発表時間なので、正直大変です。授業を受ける度、自分の未熟さに気づき落ち込みますが、最近は、受け身でいては何も得ることができないと学ぶ姿勢も変わってきました。大学生の時は、勉強よりも遊びやバイトで一生懸命でした。留学生活も遊んだ記憶しかありません。でもそのことに後悔はありません。先輩としてこんなことを言ってはいけませんが、正直、遊ぶことも大事だと思うからです006.gif

でも今は、学ぶことがとても楽しくて、遊びよりも勉強に時間を費やしている自分自身に正直驚いています。大嫌いだった図書館も最近は好きになりました。016.gifしかし、発表の準備は大変だし、論文の事を考えると逃げたくなる気持ちでいっぱいです。でも最近何のために勉強するのかやっと分かってきた気がします。誰のためでもなく自分のために頑張っている自分が好きです。きっと今は辛くても、後になってその頑張りが宝になることを信じたいと思います。後輩の皆さんにも、後悔しないように勉強も遊びもバイトも全て大切にして欲しいと思います。

また、学校生活以外でも、昔の友達に会ったり、新しく出会った友達と遊んだりと充実した生活を送っています。日本語の家庭教師もしています。新たな環境で躓くことも多々ありますが、教授や先輩、そして友達、たくさんの人に支えられながら頑張っています。これからもいろんな人に出会い、いろんなことを吸収しながらマイペースで頑張りたいと思います049.gif

こうして私が韓国で頑張れているのは、応援してくれる家族や友達や林先生のおかげです。特に林先生には、ゼミ活動の時だけでなく、いろんな言葉を掛けてもらいました。その度にやる気が出たし、林先生の下で勉強できて幸せでした。今でも先生の下で研究したいくらいです(笑)そして私は、先生の前で何度泣いたことでしょうか…でも泣いてしまった本当の理由は、一人前になったら林先生に伝えたいと思います。

最後にこのブログを通じて、林ゼミの皆さんと通じていられるということがとても嬉しく、頑張っている皆さんを見ると自分も負けていられないという気持ちになります001.gif
お互い頑張りましょう!!!!항상 건강하시고 행복하세요.

参考文献 寺村秀夫.1991.『日本語のシンタクスと意味 第Ⅲ巻』くろしお出版
by imuzemi | 2010-05-31 22:14 | 卒業生からのお便り♪

玉田(旧姓:吉田)衣里056.gif
(2007年度卒業 貿易会社勤務後、2010から製菓製パンの専門学校にて修行中)

イム先生が赴任されてきて第1期生だったのが、私と沖部さんでした。
赴任したての1年目はゼミ生をとる予定がなかったにも関わらず、先生は温かく私たちを迎えてくれました。あの頃の先生はまだ山口県立大学にも慣れてなくて、本当にお忙しそうでした。

イムゼミはいろんなことにチャレンジできる研究室だと思います。
006.gifイム先生はお姉さん(?)のような優しさと、課題をたーくさん出すような厳しさを持った、とても相談しやすい先生です。イムゼミではいろいろなことをしましたが、特に印象に残っていることが2つあります。ひとつは『韓国語ジャーナル』の創刊とイムゼミと当時の慶南大学からの留学生とした華月祭の『ホットク模擬店』です。

韓国語ジャーナルを作ることになり、紙面のデザインから内容までをゼミ生と一から相談しあい分担して作成しました。その頃はちょうど、韓国大統領選挙が終わってイ・ミョンバク大統領政治が始まったばかりのときでした。大統領が変わったことやイ・ミョンバク大統領が目指す日韓関係について、専門家(浅羽先生)へインタビューしたり、当時の留学生のお勧め映画や当時の交換留学生の近状などといった読みやすい記事も織り交ぜながら知的でもあり、バラエティー的でもある紙面を目指したつもりです。また、紙面のデザインをまかされて、初めてプロのデザイナーが使う「イラストレーター」を使ったりもしました。イラストレーターを使ってタイトルのロゴを作成したり、配置や文章を載せたり、本を買って独学でしました。今思えば、紙面のデザインは素人ぽくて恥ずかしい限りですが、初めて韓国語ジャーナルが印刷されて紙になったときは本当に嬉しかったです。もちろん、第1号は記念として大切にとってありますよ。049.gif053.gif

ホットクの模擬店をしたかった理由は、韓国に行ってホットクを食べたとき本当においしかったこととこんな美味しい韓国の食べ物をもっと日本の皆さんに知ってもらいたいと思ったからです。卒論のアンケートをするために韓国に行ったときに、ホットクのミックス粉をたくさん買ってきました。そして、当時交換留学生として慶南大学から来学していたユンジョンとヘナに作り方を教えてもらいながら、ゼミ生3人の合計5人でお店を出しました。「韓国人が作る本場のホットクだよ~」を売り文句にホットクは大盛況で1個200円というなかなかの高値でしたが、見事完売しました。イム先生も旦那様とゴナ君を連れて来て加勢して頂きました。お客さんも「おいし~~」と「初めて食べた!」などと感動してくれて、本当にやってよかったと思います。064.gif

大学を卒業してからも社会人として中国や韓国に出張することが多く、多忙な毎日を過ごしました。社会人になると本当に時間がなくなります。大学生のような昼まで寝て、起きて何しよっかな~、というような時間に余裕があった頃がはるか夢のようです。というのも、大学時代の私自身の夢が定かではなかったからだと思います。今は自宅でお菓子教室を開きたいという夢が見つかりました。そのために、今は製菓製パンの専門学校と大分一有名なケーキ屋「2月14日」でバイトしています。067.gif周りの人には結婚するのに学生になるなんてとんでもないと言われましたが、夫が「衣里のやりたいことをすればいい」と言ってくれたことと、私自身が「やらなくちゃ死ぬとき後悔する」と直感したので、思い切って今の道を歩みだしました。072.gif

最後に今大学生の皆さんに一言。大学生は自分の人生の幅を広げれる貴重な時間です。多くの人・モノ・場所に出会い、自分自身の価値観を広げてください。そして、その出会いを続けていく努力をしてください。私も先生の提案する過去・現在・未来を問わず、ゼミ生同士が「いつでも、どこからも、気軽につながるネットワーク作り」には大賛成です。これからイム先生を介していろいろな人とつながって行きたいです。
どうぞよろしくお願いします。058.gif

d0160145_16195562.jpg

by imuzemi | 2010-05-30 16:27 | 卒業生からのお便り♪

沖部笑美056.gif
(2007年度卒業 ウエディング業界「ララシャンス博多の森」に就職)

 私は林研究室の第1期生です。つい前まで林研究室に足を運んでいたようですが、あれからもう3年が経つとは、本当に時間が経つのは早いな、と思う毎日です。
 私は韓国人と韓国語が大好きで、大好きな韓国の皆ともっと話をしたいと思い韓国語を学びました。

 現在は福岡の博多区で、結婚式のプランナーをしております。ウエディングプランナーは責任力・創造力・コミュニケーション力・精神力・体力・・・と想像していた通り、とても大変な仕事です。066.gifしかしそれ以上に幸せ・嬉しさ・感動がとても強く、こんなに近くで家族の温かさや新郎新婦様との結束を感じることはなかなか経験することのできない職業だと感じています。この会社に就職し、お客様に満足して頂くのではなく、感動をして頂くことが真のプロだということを知りました。そして何よりうちの会社はスタッフ同士の仲が良く、お客様の感動のために!という気持ちがとても大きな会社だと実感しております。043.gif

 大学では韓国語を学んでいたので、この仕事を始めてからは韓国語を使用する頻度も減るのだろうな~と思っていました。しかし福岡空港が近いからか、国際結婚のカップルも結構いらっしゃるのです!韓国の方も博多の森で式を挙げられた方がいらっしゃり、入社して日も経っていない頃に韓国語の通訳をさせて頂いたこともあります。042.gifなかでも一番驚いたことは、私が交換留学で韓国にいた時に仲良くしていた友人の友人が博多の森で式を挙げられたのです!偶然私がプランナーをさせて頂いたのですが、出席者に私の友人の名前があがったため驚きました。世界は本当に狭いなーと感じるとともに、久しぶりに友人にも逢え、仕事をしている姿を見てもらえた事が何より嬉しかったです。043.gif053.gif 仕事が中心の毎日ですが、最近はK-POPにハマり始めて(韓国にいたのに今頃って遅いですね 笑)、朝はKーPOPを聴いてテンションをあげて会社に向かっています!

 今の私がいるのは、林先生と出逢い、林研究室の仲間と出逢い、韓国語と出逢ったからこそです。誰が欠けても今の私はいなかったと強く思っていますので、大学生活頑張った以上に今を一生懸命過ごそうと努力しています。049.gif

 そして福岡で式を挙げたい方はぜひ博多の森へ遊びにいらっしゃって下さいね♪
お待ちしております!056.gif
by imuzemi | 2010-05-28 23:35 | 卒業生からのお便り♪

imuzemi集合!

卒業生のみなさん029.gif

卒業後も元気に活躍しているところと思います。049.gif053.gif

imuzemiでは、過去・現在・未来を問わず、ゼミ生同士が
「いつでも、どこからも、気軽につながるネットワーク作り」を大切にしています。

みなさんの近況報告055.gifを、楽しみにしています。003.gif

                                                by 林056.gif
by imuzemi | 2010-05-23 07:21 | 卒業生からのお便り♪