人気ブログランキング |

卒業論文現状報告

こんにちは。木下瞳です。

今は前期に行った韓国語の授業前後にとったアンケート結果の集計をしています。
d0160145_01719.png


結果を見てみると、総合韓国語の履修生(2年生12人)は、韓国文化について特に関心が高く、その中でも音楽やドラマ、ファッション文化に興味があるということが分かりました。

このように調査を通して学習者の関心ごとや学習の目的を知ることで、学習者の興味をひく授業内容を準備することができ、その結果学習者のモチベーションを高めることができるので、今回のアンケート結果をもとに学習者の傾向をよく考察してみたいと思います。

アンケートの質問形式によって集計の仕方やグラフの種類なども変わってくるので最初はどのようにすればいいのか全く分からず大変でしたが、インターネットのサイトなどを見ながら1つずつ調べて理解することができました。しかしまだグラフの選び方が合っているのかよくわからないので、いろいろな文献を見ながら慣れていきたいと思います。
by imuzemi | 2016-11-28 00:18 | 卒業演習2016

卒業論文途中経過報告

みなさん、こんにちは。国際文化学科4年の山本若菜です。
私は、濱中里奈さんと一緒にYPUジャントin山口の取り組む報告について卒業論文を書いているのですが、その一部でもあるアンケート結果を集計し、まとめ、考察する一連の流れを終え、協力してくださった商工会議所の方、また韓国慶南大学校からお越しになられた教授の方にすでに結果を伝えています。
今回のブログではそのアンケート結果の一部をご報告させていただきます。

まずは8月27日(土)と28日(日)に山口中央商店街で行った第1回目の山口ジャントのアンケート結果ですが、「③体験はどうだったか」という質問に対しての結果がこちらです。
d0160145_001114.png


1日目、2日目ともに半数以上の人がとても楽しかったと回答し、あまり楽しくなかった、まったく楽しくなかったとの回答は、1日目、2日目ともに0人でした。
2日目は、90%の方がとても楽しかった、楽しかったと回答してくださり、1日目よりも多くの方の印象に残るような活動になったと実感しました。

10月1日(土)2日(日)にアートフル山口で行われた第2回目のアンケート結果で同質問をしたところの結果がこちらです。
d0160145_035268.png


こちらは、第1回目の開催より多い、97%の方がとても楽しかった、楽しかったと回答してくださり、第2回目の開催ということもあって各ブースで、効率よく説明することができ、また韓国人が実際にいるという状況が参加者にとってとても印象に残ったのではないかと考えています。

その他にも「⑧次に韓国体験をするならやってみたいことはあるか?」という質問に対してもたくさんの回答があり、中でも一番多かった意見が、韓国ドラマなどで出てくる料理を実際に作りたい料理教室をしたいキムチを作ってみたいということでした。
やはり、今回のジャントは女性の方の参加者が多かったため、このような回答をしてくださる人が多かったのだと思いますが、今まで考えてなかった地域の中で他国の料理を作って異文化交流するというのもなかなかおもしろいと思いました。
アンケートを集計することによって、地域の方の直の意見を聞くことができ、今後のジャントの発展にもつながると思いました。
by imuzemi | 2016-11-28 00:09 | 卒業演習2016

卒業論文の現状報告



こんにちは、4年の松岡優衣です。
卒業論文の現状報告をしたいと思います。

現在アンケート結果をまとめ、質問項目ごとにグラフを作り、結果と考察を書いています。
具体的にはこのようになっています。
結婚移住者にとったアンケートの年齢と出身国の結果の一部です。

d0160145_164364.png


残りは、全体の考察と最後にまとめを書く予定です。

しかし、今回の調査を韓国での事例として今後の日本における多文化社会の在り方に参考になるよう提案をする予定なのですが、どのような形で提案とすれば良いか悩んでいます。

もうあまり時間がないですが、自分なりに工夫して書き進めていきたいと思います。
by imuzemi | 2016-11-27 01:07 | 卒業演習2016

卒業論文の現状報告

こんにちは、国際文化学科四年の濵中里奈です。
8月11月とYPUジャントin山口を企画、実行しました。
YPUジャントin山口の結果報告は山本さんがブログにあげていた通りです。
そして、卒業論文の現状を報告したいと思います。

前期の卒業論文の中間報告では、ジャントの企画について主に発表しました。
ジャントで、8月11月ともにアンケートを実施しました。
アンケートの結果をまとめ、実際にどのような成果が出たのかをこれから卒業論文にまとめていきたいと思います。

主に卒業論文のまとめとして、韓国・昌原市の理解、認知度の変化などについて焦点をあてたりしていきたいと思います。
また、山口市の地域活性などについても考えつつ、今回のこの企画について振り返り、まとめていきたいと思います。
by imuzemi | 2016-11-23 16:58 | 卒業演習2016

卒業論文の現状報告


こんにちは!4年の松岡優衣です。
今回は卒業論文の現状報告をさせていただきたいと思います!

前回の記事でも書いた通り、夏休みに韓国に行き、多文化社会に対する意識調査をしてきました。

私の論文の調査対象は、韓国に住む結婚移住女性と韓国人大学生です。

まず、結婚移住女性に行った意識調査について紹介したいと思います。
中間発表では約20名に実施予定としていましたが、今回の調査では12名の方から回答をいただくことができました。
結婚移住女性の国籍は主にベトナム、フィリピン、中国でした。

韓国で偏見や差別を受けていると感じていたり、さまざまな支援を希望しておられるということが調査でわかりました。
しかし印象的だったのは、回答者のほとんどが韓国は住みやすいと回答していたことです。


次に韓国人大学生に行った意識調査について紹介します。
今回の調査では40名の学生から回答をいただくことができました。

学年が高くなるほど、在留外国人とトラブルがあったり、嫌悪感を抱くことがあると回答した人が多いことが分かりました。

直接話を聞くことができたのでその理由を聞いてみると、1,2年生は外国人との関わりが少ないことが挙げられました。その一方で上級生は留学生と一緒に授業を受けていたりと比較的外国人との関わりがあることが分かりました。

これからまとめた調査内容を分析して論文を書き進めていきたいと思います。
by imuzemi | 2016-10-15 12:23 | 卒業演習2016

中間発表

先日、卒業論文の中間発表がありました。
私は山本さんと共同で「YPUジャントin山口」の立案・企画を行っています。
8月27・28日の実施に向け現在、話し合いや広報活動を行っています。
中間発表での内容を説明します。
~目次~
•第1章はじめに         ・・・山本
•第2章研究動機・目的     ・・・濱中
•第3章先行研究        ・・・濱中
•第4章昌原市と山口市    ・・・山本
•第5章YPUジャントin山口  ・・・濱中・山本
•第6章広報活動         ・・・山本
•第7章まとめ・今後の活動計画・・濱中・山本
共同で卒業論文も制作するため、このような目次となっています。

私は2つの地域活性化活動に参加し、そこで主に3つのLを感じました。この3Lとは「Love」「Language」「Last」であり、地域や人々へのより深い愛情である「Love」、語学学習をもっと、より深くという「Language」、次につなげていきたいという「Last」です。実際に韓国で日本文化や山口を紹介するという活動を行ってきたからこそ、今度はこの私の地元である山口をもっと盛り上げたい、貢献したいという気持ちが強く生まれ今回この企画に至ったのです。そして地域の方々、山口県立大学の学生が交流する場を作ることで山口市に人を集め、情報・知識を共有し私たちの持つ若い力で地域の盛り上がりを取り戻すということに貢献したいと考えました。

8月27日・28日に山口市中央商店街にて、11月初旬はアートフル山口にてYPUジャントin山口を行うという計画で進めています。8月27日・28日は山口中央商店街にて山口市と姉妹都市関係を結ぶ昌原市のことについて知ってもらうための紹介ブースをメインで行い、食文化体験ブースとして韓国風かき氷のパッピンス、オクスス茶(トウモロコシ茶)、韓国の屋台のお菓子であるホットクの試食試飲を行います。伝統体験ブースとして韓国の伝統衣装であるチマチョゴリ試着体験、韓国の伝統遊びのユンノリ体験を行います。紹介展示ブースとして山口市と姉妹都市である昌原市をもっと知ってもらうために昌原市の紹介、昌原市と山口市のこれまでの軌跡などのパネル展示を行います。ここでアンケート調査を実施し、11月に行うアートフル山口への活動に活かしたいと考えています。また、この二日間は山口中央商店街で24時間テレビの募金活動、パークロードにてサイクリングの大会が行われる予定であり、通常の商店街より人通りが増え、多くの集客が見込まれます。

実際に開催するために準備段階で多くの私たちの力不足や勉強不足による壁も多くありましたが、実際にあと二週間後に迫ったので、何としても成功させたいと思います。
by imuzemi | 2016-08-16 17:16 | 卒業演習2016

中間発表がありました!

アニョハセヨ!!国際文化学科4年の松岡優衣です!

先日卒業演習の中間発表会がありました。
私は「多文化社会に対する意識調査から見る多文化社会の在り方~韓国の多文化家族を中心に~」というテーマで卒業論文を書いています!

韓国は多文化社会に突入していますが、政府等は将来の韓国に関わる結婚移住女性を含む多文化家族を中心に多文化政策を行っています。
しかし、政策の対象となっているにも関わらず、年々結婚移住者の数は減少している状況です。
私はその原因としてホスト側である韓国人の多文化家族に対する理解不足が挙げられるのではないかと考えました。
そこで韓国人と結婚移住女性双方を対象に多文化社会に対する意識調査を実施し、双方の認識のズレやギャップを把握することで、これからの韓国における多文化社会の在り方について提案しようと思います。
d0160145_20422579.png


今回の中間発表では、先行研究と意識調査の概要について述べました。

中間発表では課題も見つかりました!
ホスト側の理解不足をとらえる方法として、国際結婚をした夫婦の離婚原因を確認するということです。
結婚移住者ということで、結婚婚姻数や結婚移住者の増加の理由は調査していましたが、離婚まで見ていませんでした。
離婚の理由等も確認して、ホスト側の理解不足について論じたいと思います。

また、韓国語教室の数の質問を受けたのですが、数を把握していなく、応えることができませんでした。教室の数だけでなく、これから意識調査でも数値を出すものが多くなるので、数値を把握しておくことが必要だと感じました。

意識調査の概要は画像の通りです!
d0160145_20434153.png

d0160145_20441094.png


意識調査は夏休み中に行う予定です!
韓国人の方には直接調査をできる機会もあるので、お話をしっかり聞いてきたいと思います!
by imuzemi | 2016-08-07 20:46 | 卒業演習2016