人気ブログランキング |

留学生活をふりかえって

こんにちは。国際3年の木下です。
私は釜山大学に1年間留学していました。
そこで学んだこと、感じたことなど書いてみようと思います。

~生活の中の言葉・文化~
これは韓国に留学して、同じ世代の友達と毎日過ごしてはじめて知ることができるものだと思います。日頃の会話やカカオトークのやりとりから若者言葉や略語、釜山の方言などにたくさん触れることができました。また、韓国の酒文化や礼儀、年齢を重視するなどの文化も実際に経験してみると日本と違うところが多くとても新鮮で、過ごしていくうちにだんだん自分もその文化に適応できるようになっていきました。

~語学力~
授業や日頃の会話などを通じて特にリスニングとスピーキング力が留学前より伸びました。もちろんまだまだ知らない言葉はたくさんあるのでこれからも勉強を続けていきたいと思っています。また、韓国は勉強しやすい環境が整っていて、勉強熱心な人が多くかなり刺激をもらいました。これからも韓国で身についた勉強習慣を日本でも維持できるようにしたいです。

~韓国でのコミュニティー~
韓国に行くまでは日本で韓国人とかかわれるのは少数の留学生くらいでしたが、留学にいくと多くの韓国人と知り合うことができ、韓国人だけでなく同じように韓国語を勉強している外国人留学生や他大学の日本人などいろいろな人と接する機会がありました。韓国人の友達とは、よくご飯や遊びに誘ってもらったりお互いに言語交換をしたりして1年間でかなり仲を深めることができました。このように韓国でできたつながりをこれから日韓交流を深める際に役立てていければいいなと思っています。

~積極性・柔軟性~
海外にでると積極性はとても大事だと思います。自分からいろいろなところに目を向けて動いていくと新しいチャンスや人との出会いが増えます。いろいろ挑戦することは何より楽しいし生活が充実して自分の成長にもつながります。私は留学での1年間を通してよりフットワークが軽くなり、オープンな心になったと思います。また、文化が違う中で最初は驚くこともありますが今は柔軟にすぐ適応できるようになりました。どんな違いも楽しめればいいと思います。

このように私は留学中に多くのことを学び、経験しましたが、それを留学だけで終わらせず次につなげていきたいと思います。具体的には
・身につけた語学力をもっと深くのばす
・韓国人とのつながりを保ちながらこれからも広げる
・韓国語を勉強している後輩や、日本語を勉強している韓国人留学生のサポートをする
などです。将来は韓国語を使い、日韓交流ができるような場所をつくる仕事をしたいので、留学経験を生かしてこれからも楽しくがんばりたいです。
by imuzemi | 2016-02-25 11:56 | 木下瞳@釜山大学校2015

ソウルでの生活

こんにちは!3年の木下です。

私は釜山大学の1年留学を終えて、そのまま日本に帰りたくなかったので1か月ソウルの新村に住むことにしました。

新村はソウルのこのあたりです
d0160145_15154031.gif


かなり中心部にあり、街です。周りには梨花女大、延世大、西江大があり、新村は学生の飲み屋街のような感じで、夜はにぎやかで街はけっこうきたないです。なので夜出歩くのは少し不安なときもありますが、普段住むのには交通機関や店も近くにありかなり便利です。

私は新村駅の近くの日韓専用のゲストハウスに住んでいるのですが、1人部屋でバス・トイレ、キッチンなどは共同です。少し不便なところもありますが、管理人のおばあさんが優しく過ごしやすいです。部屋はこのような感じです。
d0160145_1615568.jpg


最初の何日かは釜山大学の友達にソウルをいろいろ案内してもらい地下鉄や地名などもけっこうわかってきました。

今回はその中でいくつかを紹介したいと思います。
1、広蔵市場(광장시장)
d0160145_16203695.jpg

ソウル市内にいろいろある市場の中でも、まだそれほど観光地化されていない最古の市場が、広蔵市場です。ここは服や日用品などももちろんありますが私が行ったのは食べ物の市場で、屋台がずっと続く「うまいもの通り」を中心として、様々な屋台フードを食べられます。私もククスやチヂミ、マンドゥなど友達とシェアしておなかいっぱい食べました。やっぱり作り立てのものをその場で食べられるのは市場の楽しみです。
  マンドゥスープ↓
d0160145_16255480.jpg


2、清渓川(청계천)
d0160145_16322638.jpg

清渓川は、光化門(クァンファムン)、市庁(シチョン)、鍾路(チョンノ)、乙支路(ウルチロ)、東大門(トンデムン)と人気観光エリアを横断する巨大な河川です。地下鉄の多くの駅から徒歩5分圏内にあるので、電車を降りて川辺を散策しながら観光スポットを巡ることもできます。
今回はクリスマス前だったのできれいなイルミネーションを見ることができました!季節ごとにイルミネーションのデザインも変わるみたいです。

3、大学めぐり
梨花女大、西江大、ソウル外大、ソウル大などいろんな大学を案内してもらいました。釜山大学でもかなり広いと思っていたのに、私立の大学は正門からいちばん手前にある校舎に行き着くだけでも15分くらいかかりました。ソウル大学は大学というよりは一つのマウルみたいな感じで途中から行くのをあきらめました。
d0160145_16423912.jpg


ソウル大のシンボルマークらしいです。これをみると皆ソウル大だとわかるそうです。
d0160145_16425150.jpg


ほかにもたくさん行きましたがソウルは広くて店もものすごい数で、一つの地域を周るのにも半日かかるくらい見るものが多いです。これから1か月あるのでいろいろなところにいってみたいと思います。
by imuzemi | 2016-01-04 16:50 | 木下瞳@釜山大学校2015

テストおわり!

こんにちは!木下です。

釜山大は先週の金曜から今週の木曜までテスト期間なのですが、私は月曜日に最後のテストがおわりました!
6つもあったのですがほとんど先週の補習期間中に終わったのでみんなよりも早く終わりました。
韓国人の友達はまだ図書館やカフェなどで勉強をがんばっています

テスト期間になるとまわりのカフェは席がなくなるほど学生が多く、図書館の自習室も24時間になるので朝まで勉強する人も多いです。

私も今回のテストは中間テストよりも量が増え、内容も難しくなったためかなり勉強したのですが、韓国人と一緒に受ける教養科目のテストはやはり難しく、記述門題はなかなかうまく書けないものが多かったですㅜㅜㅜ
でも韓国で韓国人と一緒に授業を受け、テストを受けるということはなかなかできないので貴重な経験だったと思います!


次に最近いったチキンのお店で気になったことがあったので紹介したいと思います^^
それはカンプンチプ(깐풍집)というチキンのお店です
d0160145_0534312.jpg


「カンプンチキン」とはフライドチキンに甘辛いソースを絡めた、中華風の味付けのチキンのことです。私はチキンの中でこのチキンが一番好きです!
d0160145_0552420.jpg


この店の名前は「깐풍집」とかいてありますが、正しい表記は「간풍치킨」だそうです。
これは韓国人の発音に合わせてそのままそれを店の名前にしたのだと思います。ほかにも韓国人は「자장면」を「짜장면」といったり、「카페」も「까페」と発音する人がほとんどです。

ところで私が気になったのは、「カンプン(간풍)」とは何かということです。一緒にいった韓国人の友達に聞いてみたところ、わからないといわれたので自分で調べてみました

韓国の中華料理に「깐풍기(カンプンギ)」という料理があるのですが、「깐풍」が「汁の無いように炒めあげたもの」という意味で、「기」が鶏肉の意味なんだそうです。

これが깐풍기です↓
d0160145_135576.jpg


カンプンチキンは最近韓国の若者達の間で人気らしいです!

みなさんもぜひ食べてみてください^0^
by imuzemi | 2015-12-16 01:07 | 木下瞳@釜山大学校2015

부산 산책길

こんにちは!木下です。

今日は釜山にあるきれいな海岸散歩コースを紹介したいとおもいます!

私が行ったのは절영해안산책로です

ここは南浦洞からバスで15分くらいいったところにある、影島(ヨンド)の海岸コースです。

影島の全体図です↓
d0160145_14594673.jpg

この地図の下のほうの海岸沿いをあるいていきます

バスからおりて、まずこのようなアスレチックの階段を海岸に向かっておりていきます。
d0160145_1521434.jpg


そしてこのような海岸沿いをずっと歩いていきます
d0160145_1534328.jpg

いろいろな道があり景色もとてもきれいです
d0160145_154919.jpg

たまには急な道をのぼったり
d0160145_1543579.jpg

降りたり
d0160145_155375.jpg

木の階段だけでなくこのように石の階段もあり、かわいいデザインがあったりします^^

結構上り下りがはげしく疲るときもありますがとてもいい運動になります。

私が行ったのはほんの一部ですが、ずっと歩いていくとまたいろいろ景色や道の雰囲気が変わり、歩いていてもあきません。そして最後はテジョンデという、釜山で有名な観光地につきます。
ここは以前に授業の課題で行ってきたのですが景色もきれいでとてもおすすめです!

釜山にはこのように、きれいな景色を楽しみながら散歩できる散策コースがたくさんあります
みなさんもぜひ行ってみてください^^
by imuzemi | 2015-12-09 15:15 | 木下瞳@釜山大学校2015

釜山の外へプチ旅行!

こんにちは!3年の木下です。

留学生活ものこり少なくなってきたので、慶南大学の山本さんと一緒に통영というところに旅行にいってきました!

통영は景観が観光地として有名で、国立海洋記念公園に指定されるほどのきれいな海と島々から成っているところです^^

位置は釜山の西側で、バスで1時間40分くらいです。
d0160145_1946411.jpg


まずはケーブルカーにのってミルク山という山の上まで登りました。
ケーブルカーはこのような感じでかなり高いです!
d0160145_19552647.jpg


ケーブルカーをおりて山を少し登ると
d0160145_19581035.jpg

海や周りの島がとてもきれいに見渡せます!
d0160145_19582311.jpg


きれいな景色を楽しんだ後は
バスで30分ほど戻って、동피랑 벽화마을というところにいきました!
釜山にも감천문화마을という有名な文化村がありますが、
통영にも釜山にまけないくらいきれいな벽화마을があります!
d0160145_2051127.jpg
d0160145_2053432.jpg
d0160145_20608.jpg


このように壁に絵がかいてあるのですが、とてもきれいです!
中には個人経営のおしゃれなカフェもたくさんあって、陽気な人も多く、
とてもいい雰囲気です

そして最後に마을の近くのカフェとピザのお店にいって帰りました
d0160145_20104368.jpg


통영というところは今まで名前もきいたことがなかったのですが、実際いってみるときれいな場所やおいしいものがたくさんあって、この1日の旅行でとてもいい経験ができました!
なので少し遠くに旅行してみたいと思ったら통영にいってみるのをおすすめします^0^

これからあと少しの間ですが、まだ行ったことのないところにたくさん出かけていきたいです!

 
by imuzemi | 2015-11-30 20:22 | 木下瞳@釜山大学校2015

市庁 韓国語講座

3年の木下です。

今回は、市庁の韓国語講座について紹介したいと思います。

市庁にグローバルセンターというところがあるのですが、そこで無料で韓国語講座を受けられるところがあり、友達と申請してテストを受けてきました。クラスは一番上の6級になり、週一回金曜の午前中にあります。この講座は夏休みも申請しに行ったのですがとても人気ですでに定員が埋まっていたため、今回が初めての受講です。

初級クラスは西洋人などが多くグローバルな雰囲気ですが、6級では日本人や在日のような在外僑胞の方が多くいて、韓国語が上手な人が多かったです。また、クラスには私をふくめて学生は3人しかおらず、あとは結婚して韓国に住んでいる方が多かったです。しかし休み時間にいろいろな人と話をするうちに、年齢関係なく仲をふかめることができました。

授業は先週から始まり、12月の初めの週まであります。そして11月には講座だけでなく文化体験などもあります。教科書は6級で中級②なので知っている内容も多く難しくはないと思いますが、それらの知識を実生活で自然に使うことができるように練習していきたいと思っています。

これが教科書です↓
d0160145_1231599.jpg


d0160145_12068.jpg


大学の授業では韓国人や中国人以外の国の人と接する機会がほとんどないので、グローバルセンターに通うことは多様な国の人と触れ合う良い機会だとも思っています。また、ここでは韓国語の講座だけでなく他言語の講座があったり、自分で日本語を教えることができたりもするようです。まだくわしくは分かりませんが、そういったグローバルな活動やボランティアなどにもぜひ参加していきたいと思っています。
by imuzemi | 2015-09-22 12:03 | 木下瞳@釜山大学校2015

後期の授業について

3年の木下です。

今日は後期に履修している授業について簡単に紹介していきたいと思います。

まずは留学生用の授業です。
「高級韓国語」
40人ほどのクラスで高級の文法を、会話などを通して実践的に学ぶ授業です。難易度はそれほど高くなく、すでに知っている文法がかなりでてくるので、それらを実践的に使えるように練習していきたいです。

「高級韓国語会話」
日本人留学生が数名と、あとはほとんどが中国人の在学生で、全部で30~40人ほどのクラスです。今授業では正しい韓国語の発音練習や、発表するときの姿勢や注意点などを学んでいます。また、班ごとになって韓国語のニュースを暗記し、発表するという課題が出ているので今取り組んでいるところです。

「映像の中の韓国語」
私以外中国人の在学生で、30人ほどのクラスです。今はTVのCMや短い映像などをみて、そこに出てくる表現や語彙を学んだり、映像の要点や目を引くための工夫などを考えたりしています。

「文化の違いから見る韓国と中国」
これも私以外中国人の在学生で、40人ほどのクラスです。授業ではまず文化とはなにかを学び、今は韓国と中国の歴史を比較しながら考察しています。これも班ごとに発表があり、私の班は韓国と中国の衣服の比較を発表することになっています。

次に正規の授業です。
「幸せの心理学」
100人ほどの大人数でうける授業で、私以外は韓国人です。正規の授業では専門的な用語が出てくるので聞き取りが難しいときもありますが、教科書にそってすすめられるので聞き逃したところも後で復習することができます。また、心理学は実験などの映像がよく出てくるため、理解しやすいです。

「中国語」
以前から勉強したいと思っており、夏に通った語学堂で中国人の友達も増えたため授業をうけたいと思いました。この授業も日本人2人とあとは韓国人で、実践的に語学をするには少し人数が多いです。しかし、先生が時間を惜しまず一人ひとりに発音させて確認してくれるので、しっかりと習得してから次に進むことができます。

「外国語としての韓国語」
他の授業のように週2回ではなく、1回につづけて3時間する授業です。私はこのような長い授業を後期で初めてとったので集中力が続くか少し心配でしたが、講義の内容も先生もおもしろく、時間がたつのがはやいです。この授業は、韓国語の教師を目指す生徒のための授業で、教授法などを学ぶことができます。クラスはほとんどが韓国人ですが、日本人や中国人学生も数人います。私も韓国語の教授法に興味があるので授業を通してくわしく学んでいきたいです。

すでに課題や発表準備も多いですががんばりたいと思います!
by imuzemi | 2015-09-17 12:33 | 木下瞳@釜山大学校2015

後期はじまり

3年の木下です。
夏休みが終わり、後期がはじまりました。
私がとっている授業は、
「高級韓国語」「高級韓国語会話」「文化の違いから見る韓国と中国」「映像の中の韓国語」(留学生用)
「幸せの心理学」「外国語としての韓国語」「中国語」(正規の授業)
の7つです。

*教科書
中国語(左)、高級韓国語(右)
d0160145_1242393.jpg


映像の中の韓国語(左)、幸せの心理学(右)
d0160145_12425331.jpg


前期は授業を6つまでしかとれませんでしたが、前期にある程度成績がとれると、後期はとれる単位の数が増えるようなので、後期は7つとれました。

留学生用の授業はほとんどが中国人で、日本人が私ひとりであとは全員中国人という授業もいくつかあります。しかし日本人の友達とかたまって授業をきくより、韓国語でしか話せない環境のほうが勉強になり、新しい中国人の友達もたくさんできたので、どの授業も楽しいです。

正規の授業では自分以外韓国人で、授業も専門的な内容を話すので分かりづらいときもありますが、とても刺激になります。

また今回韓国語や英語以外の外国語をとってみたいと思い、中国語を履修しました。
私はアジアの言語を学ぶのが好きなので、授業が毎回新鮮で楽しいです。また、まわりに中国人の友達もいるので、難しいときは教えてもらいたいと思っています。

月曜から木曜まで朝9時の授業ですが、毎日がんばっていきたいとおもいます!
by imuzemi | 2015-09-11 12:47 | 木下瞳@釜山大学校2015

TOEIC授業

3年の木下です。

今日は私が今受講している、夏休みのTOEICの授業について紹介したいと思います。

期間:6/29~8/28(2ヶ月間)
日時:月~金の 16:30~17:50(1時間20)(時間は選べます)
費用:講義代243000W(2万5千円くらい)、教科書代29000W(3千円くらい)
場所:NC백화점(7階、釜山大学と提携しています)
 
私は基本コースを受けているのですが、8/30にあるTOEICを受けて650点を越えれば、受講料が半分返ってきます!

教材は3つあって、左から、リーディング、リスニング、単語帳です。
d0160145_21171546.jpg


単語帳の中身はこのような感じになっています。
d0160145_2118274.jpg


授業の流れは、まずはじめに単語テストがあって、リスニング、語彙・文法の順にすすめられます。
単語テストは毎日あり、それに加えてリスニングやリーディングの宿題も出されます。
テストは英語の意味を韓国語で書かなければいけないので大変ですが、
英単語だけでなく、同時に韓国語の勉強にもなるのでとてもいいです。

私は韓国留学の1年間で英語を忘れないようにするためにこの授業を受けることにしたのですが、授業のテンポもよく、レベルも自分によくあっていてかなり勉強になるのでお勧めです!
そして何より、毎日授業があり、宿題がでることによって、定期的に勉強や課題をする習慣ができたことが一番いいことだなと思います。
午前中は語学堂に通い、昼を食べてカフェか寮で英単語をみて、夕方にTOEICの授業をうけ、帰って課題をします。夜はよく韓国人の友達とご飯に行ったり遊びにいったりしていますが課題はきちんとこなすように心がけています。
韓国で過ごす夏休みは今しかないので、これからも充実させていきたいとおもいます
by imuzemi | 2015-07-09 21:40 | 木下瞳@釜山大学校2015

語学堂

3年の木下です。

今日は今私が通っている語学堂について紹介します。

夏講座の期間は6/1~8/7(10週間)で、月~金の朝9時から昼1時までです。
なので私たち交換学生は、6/14の大学のテスト期間が終わるまでは、学校の授業と語学堂の授業がかぶるので、その期間だけは、大学の授業が午前中ないときだけ語学堂に通っています。
なので、両方ある日は少し大変です。

費用は140万Wですが、釜山大の学生は割引されるので、112万Wでした。

クラスわけのために最初にテストをうけて、1~6級(1が初級)のうち自分のレベルに合ったところにいきます。私はそれで3級(中級)のクラスになりました。

1クラス16人くらいで、先生は、月~水午前・金が同じ先生で、水午後~木が別の先生です。
クラスメートはほぼ中国人で、釜山大学に正規入学するために通っている人が多いです。

授業は、教科書に沿って、中級の文法を学んでいきます。
釜山大学の中級の授業とあまりかわりません。
内容は、すでに習ったものが多いので少し易しいです。

これが教科書です↓
d0160145_1420243.jpg
d0160145_14204438.jpg


それに加えて付属のプリントも配られます。
プリントには、知らない語彙や表現がよくでてくるので、勉強になります。
これが宿題になることが多いです。また、最近は600字程度の作文が課題として出されます。
これはTOPIKの試験の練習になります。

作文の課題↓
d0160145_14244687.jpg


授業の様子↓(誕生日の人がいたのでみんなでケーキ^^)
d0160145_14255666.jpg


語学堂のメンバーとは、このあいだ先生も一緒にご飯とボーリングにいってきました。
みんながとても親しくしてくれたので、これからもっと仲を深めていきたいと思いました。

ボーリングのとき↓
d0160145_14362063.jpg


これから夏休みまで続けてがんばりたいと思います!
by imuzemi | 2015-06-13 14:37 | 木下瞳@釜山大学校2015