人気ブログランキング |

10月の活動報告!

みなさんこんにちは。国際文化学科4年の山本若菜です。
遅くなりましたが、10月1日(土)2日(日)に大殿大路で行われたアートフル山口にて、YPUジャントin山口の2回目が開催されましたので、ご報告させていただきます!

今回の活動で8月で行われた第1回目の活動と大きく異なることは、山口市と姉妹都市提携を結び、また山口県立大学とも長年にわたり交流のある昌原市・慶南大学校の教授2名、大学院生1名、学部生3名がはるばる韓国からお越しになられたことです。教授の1人、チョン・ウンニ教授は3年前に韓国で行われたYPUジャントin昌原の時に初めてお会いして以来、3年にわたり、YPUジャントに携わってくださっている方です。1年ぶりにお会いし、今回初めて山口で行うジャントに非常に興味をもって下さり、ぜひお手伝いをしたい!ということでこの活動のために来日されました。
8月の第1回目の活動時は人手不足で、韓国文化を紹介するのにも関わらず、韓国人がいないという状況でしたが、今回は山口県立大学で韓国語を学び、慶南大学校への留学控えている学生をはじめ、慶南大学校交換留学生2名、そして今回の活動の指導教員を含む、総勢21名での活動となりました!
d0160145_046487.jpg

韓国語を学び、慶南大学校への留学を控えている学生も、そして慶南大学校から交換留学生として派遣されている学生も、みなこの活動に興味を持ち、参加してくださいました。また参加しながらも、自分たちに馴染みのある国の文化を紹介するということで、参加者自身も得るものがたくさんあったのではないかと思います。私たち主催者もこれほどまで活動が大きくなるとは正直思ってもみず、力不足により21名を引っ張り、活動を行うということが容易ではないということを実感しましたが、わざわざ韓国から来日されている教授をはじめ、学生にも恥ずかしいところは見せられないと、入念に話し合いを行い、おもてなしも含め、精一杯活動を行いました。

今回の活動はアートフル山口といういわばお祭りのようなものの、1画のスペースをお借りしてイベントを行いました。私たちは伝承センターの駐輪場をお借りして行ったのですが、ここはかなり人通りも多く、メイン会場へとつながっている道の途中にあるため、かなりの集客がありました。
d0160145_047917.jpg


1日目は準備していた120食のホットクと100食のパッピンス(韓国風かき氷)が開始4時間で完食していただき、残りの2~3時間はオクスス茶のみの紹介となるほど、人気が高かったです。またすべての方に準備していた食べ物を提供することが出来なかったので、チマチョゴリの試着体験をしたり、韓国から持ってきて下さった伝統遊びなどをして楽しんでいただきました。結果120名ほどの集客があり、そのうち20名の方にアンケートに答えて頂きました。

食文化体験ブースではやはり無料提供ということもあり、たくさんの方に興味を持っていただけるブースでした。食べながら昌原市の紹介をするという第1回目のスタンスで行い、8月に1回行っているおかげで集客もかなりスムーズで興味を持っていただけるような呼びかけもできたと思います。
8月の活動同様「無料ではなく売ってもいいくらいだ」という声もたくさんいただき、残暑残る暑い日だったのでかき氷はかなり評判がよかったです。ご高齢の方にはやはりオクスス茶は人気で、冷たい水で作ったオクスス茶も暑いこの日にはかなり評判がよかったです。
d0160145_0484113.jpg

d0160145_049630.jpg

d0160145_0492951.jpg
d0160145_050991.jpg

d0160145_0504456.jpg


今回2回目の活動で1回目の活動と大きく異なることととしてもう1点、今回の活動は伝統体験ブースの人気が非常に高かったです。アンケート調査でも、伝統体験ブースが印象に残っていると答えてくださった方が非常に多く、「チマチョゴリを生で着ることができてとても良い体験だった」「はじめて着るがなかなか良い体験になった」と言ってくださる方もとても多かったです。家族連れでお越しになる方が多かったため、子供と親御さん家族で着て写真を撮り、思い出として残せるととても評判がよかったです。子供も初めて着る伝統衣装に興味を示し、とてもかわいいのでもう1回着て写真を撮るという子供もいました。たくさんの方が写真を近くの写真スポットで撮り、思い出を残していく姿を見る時はこの活動を主催してよかったと思える最高の瞬間でもありました。
d0160145_0523657.jpg

d0160145_0525846.jpg

d0160145_0532011.jpg

d0160145_0534552.jpg

d0160145_0544621.jpg


そして、今回実際に韓国から来日され、県立大学に交換留学生として派遣されている学生もいることから、韓国についてとても興味を持ち、昌原市についての紹介を熱心に聞いてくださる方もたくさんいらっしゃって、この活動のための作ったパンフレットもとても役に立ちました。実際に韓国に何度も足を運び、韓国好きな人も多くいらっしゃり、韓国語で会話して楽しんでいらっしゃる姿も目にしました。私たちの留学経験も役立ち、私たちがこの活動で伝えたかった、昌原市での私たちの経験・感じたことなど伝えることができたので、目標は達成できたかなと思います。
d0160145_0551721.jpg

d0160145_0554062.jpg

d0160145_0561394.jpg


2日目は天気も良く、日曜日ということもあって、120食のホットク、100食のパッピンスは1日目と比べてかなりはやく完食していただきました。集客も1日目より多い、150人ほどの集客があり、そのうち19人がアンケート協力してくださいました。


今回のイベントは何といっても韓国から来日された教授、学生がいらっしゃったということ、そして山口県立大学で韓国語を学び、韓国文化に興味を持っている学生が主体となって活動を盛り上げてくれたこと、そして地域の方から聞くうれしい声の数々が大きな収穫でした。参加してくださる地域の方もここで行われているイベントの意味をしっかり理解され、興味をもって足を運んできて下さる方が多く、このイベントのためにホームページで検索し、山口県立大学まで足を運ばれ、どこで活動をやっているのか探されたという地域の方もいらっしゃるほどでした。私たちが思っている以上に、一緒に盛り上げてくれて学生も地域の方も喜んでくださったという声が何よりもうれしいことです。私たちが今まで経験してきたことがこんなにも生かされ役に立つのなら、今までのことは本当に無駄ではなかったと思いますし、これからも頑張らなければという活力にもつながりました。
私たち主催者は最初に目標を掲げたのですが、その一つが持続的に活動を行うことで、地域の方々にも愛されるイベントにしていこうということでした。今回第1回目の山口での開催となりましたが、この反響がたくさんの人の耳に入り、山口県立大学の学生が主体となって山口地域を盛り上げていけるようなイベントが続けばいいなと心の底から思っています。
たくさんの話し合いを重ね、いろんな壁にもぶつかり、正直つらいと思った時もたくさんありましたが、それ以上にやってよかったと思う瞬間が多くあったので、大学生活最後の大イベントになったことを我ながら誇りに思います…。
d0160145_0574255.jpg

d0160145_0584427.jpg

by imuzemi | 2016-10-25 01:00 | YPUジャントin山口