人気ブログランキング |

韓国文化理解 プレゼン

3年の木下瞳です。

今日は、今週「韓国文化理解」という授業でプレゼンがあるので、その準備をしました。

私が発表するテーマは「生活の中の韓国語」です。

具体的には、女性と男性、若者と年配の方、北朝鮮と大韓民国で使われている言葉の違いについてです。

2人一組で発表するので、私が担当した部分の内容を少し紹介しようと思います。

まず、女性と男性の言葉の違いです。

女性は、相手の話によく相槌をうち、家の仕事や外見、服装などについて話す場合が多いです。また、相手のことを直接的にほめます。また、縮約された言葉をつかったり、やわらかく、かわいい語感のものを選んで話します。そして、感嘆詞や感嘆文を頻繁に使います。

対して男性は、競争的な対話をする傾向があり、相手をほめることはめったにありません。ほめる場合は相手の才能などに限ります。また、男性は言葉が短くてはやく、下降する抑揚で話す傾向があります。

次に、若者と年配の方の言葉の違いです。

若者が流行語をよく使う一方で、年配の方は言葉の礼儀を徹底して守り、格式的で上品な口調で話します。
年配の方は、若者が使わない、하게体や하오体を使う場合もあります。
例えば、
여기 있네→ 여기 있게
빨리 가→ 빨리가오(早く行きなさいな)
という感じでつかうそうです。

このように言葉の違いをいろいろ調べてみて、言葉のおもしろさを知ることができました。
日本にもこのような違いは沢山あると思うので、また比較してみたいと思います。
今週の発表がんばります!
by imuzemi | 2015-04-05 19:44 | 木下瞳@釜山大学校2015