人気ブログランキング |

国が違えば「親切」もちがう?


今回は日韓の「親切・配慮の仕方」について発表しました(^^)

まずは接客から配慮の仕方を考えました

○日本○
・笑顔(お客様は神様)
・あまりまとわりついてこない
放置系の接客

●韓国●
・無愛想(→ニコニコしすぎると変人に思われる)
・どこまでもついてくる
密接な接客

しかし接客はあくまでサービスであるため、文化の違いとしては比べにくい。

『言葉と文化の日韓比較』という本で筆者は道案内こそ配慮の仕方に差が出る
と記していた!

次は道案内から親切さの考え方をみてみた

○日本○

・(その場所をしっていたら)教える、ついていったりもする
・(しらなかったら)「ほかの人にきいて」→冷たい

●韓国●

・(その場所をしっていなくても)教える
「だいたいあっちの方角」など……

日本は他人を巻き込みたくないため(責任感から?)知らないことは知らないという。
韓国はしらないからといって、ほおっておくのはかわいそうだと思って、知らないことでも教えようとする。

韓国人は他人との距離のとりかたが日本人よりも近いため、配慮の仕方が異なるのだと思いました。

今回この話題で議論してみて「韓国人は結果オーライ?」「韓国人は自己中心的?」「配慮の仕方が自分を基準としていて、おっせかいのような?」といった疑問がうまれました。みなさんどうおもいますか?



更新遅くなってすみませんでした。よければ意見をください。

3年 松村
by imuzemi | 2011-06-13 08:54 | 2011年度 軌跡