人気ブログランキング |

日韓異文化理解教育に向けて!!

안녕하세요~~^^

いきなりですが、日本にいて外国の方に触れる機会は多いと思いますか?

法務省の出入国管理白書によりますと、日本への外国人入国者は年々増加の途をたどっており、また外国人入国者を国籍別でみると、韓国が1位で、入国者全体の24.2パーセントを占めているそうです!!

このことから、現在は日本にいながらにして様々な国の人や言語、文化に触れることができる多文化が共存している「多文化社会」であると考えます。034.gif
そのような多文化社会では「違い」が多く共生しているため、もし一人ひとりが自己主張ばかりしていたらまとまりのに社会になってしまうと思いませんか?
人や自然、モノと共生し合うために、「違い」を知り、お互いを認め合うことが大切なのではないかと考えます072.gif
自分とは異なる言語や文化の中で生きてきた人々の「暮らし」を知ることで「違い」の背景を知り、そのことによって「違い」を理解し、異なるものに対しての抵抗感や違和感を覚えにくくなるはずです!
以上のことからまず身近な異文化に触れて、「違い」をおもしろいと思えるきっかけを、小学生の子供達に与えたいと思うようになりました058.gif
韓国は山口と地理的にもちかく、また先ほども述べたように日本で一番入国者が多い国です。このことから今後はさらに韓国との交流が増えると予想されます。

そこで、大学生活の集大成である卒業演習活動では、もっとも日本の近くに位置し、日本への入国者数も中国人に続いて多い韓国の文化理解を通して、将来を担う子供たちに身近な異文化を感じ、またその「違い」を知ってもらうことを目的にした日韓相互理解授業を実践します!!!!!066.gif


日韓相互理解授業のテーマは「人の一生」です(^u^)

人のこの世に生れて、成長して、結婚・出産を経て死を迎える。という一連の流れは世界中で共通したものだと思います。そこで日韓相互理解の授業では日本人と韓国人の一生を年表のようにあらわし、そこから日韓の違いや、共通点などを見出して行こうと考えています。

ということで、、053.gif

現在韓国語コースの2年生の基礎演習では、まさに「日本人と韓国人の一生」を3期に分け、その期間ごとにグループに分かれて年表を作成する計画が進行中ですので、私もこの度基礎演習に入らせていただき、まず2年生と共に日韓の「人の一生」について考えていくことにしました。051.gif

d0160145_1031494.jpg

第一期は0歳~20歳
第二期は20歳~50歳
第三期は50歳~100歳
としています。

それぞれのグループで担当の期間に行われる行事や、日韓独特の文化比較などの案がたくさん出ており、始まったばかりですが、とても充実したものが出来そうです016.gif
d0160145_1031218.jpg


第一期のグループでは日韓で行われている子供時代のお祝いごとがたくさん出ていたのですが、メンバーそれぞれが実際に自分の子供時代のころのお祝い事の話もふまえて話し合っていました。日韓の違いを見るための試みですが、日本国内でも地域によっては文化も異なり、身近なところでも異文化を感じることができるということを今回の作業を通して考えられると思います。

第二期のグループでは20歳から50歳までの期間の日韓の「人の一生」を考えていたのですが、自分達の年齢に近いということもあってたくさんの意見が出ていました!
恋愛や結婚などの女の子のグループならではの意見もたくさん出ており、これから面白い内容が出来上がっていくんじゃないかと楽しみです053.gif

第三期グループでは50歳から100歳までの期間ということから、自分達にとってもまだまだ先の年齢であるのでなかなか意見を出すのに苦戦していました。しかし、自分達の経験したことのない未来の行事ばかりなので、知らないことばかりで新しい発見があるのではないかと秘かにわくわくしながら見ています037.gif

頼りない私ですが、頼もしい林先生や先輩のお力をお借りして、今後も2年生と一緒に頑張っていきたいと思います!!!
d0160145_10315613.jpg



次週もこうご期待です!!!


文担当:藤村
by imuzemi | 2011-06-03 16:49 | 2011年度 軌跡