人気ブログランキング |

安全な食事とは?

どうもー、こんにちは。山田です。

実は今、のどが痛くて悩んでます…。
季節の変わり目に体調を崩しがちな自分ですが、まさか梅雨入りの時期もだなんて。

こういう時こそ、生活リズム・食事等を見直すチャンスですよね。
「食事」といえば、中央日報さんで面白い記事を見つけたので紹介します。


国立水産科学院、輸入物・国産を区別する携帯用魚類DNA判読機開発へ
수입품·국산 척척 … 휴대용 생선 DNA 판독기 나온다


今後、輸入物を国産と偽って売る悪質な行為が減る見通しだ。
앞으로 수입 생선을 국산으로 속여 팔거나 가자미를 광어라고 내놓는 얌체 상술이 발붙이기 어려워질 것으로 보인다.
国立水産科学院は原産地をめぐる問題を解決するため、携帯用DNA判読機の開発に取り組んでいる。
국립수산과학원은 끊이지 않는 원산지 시비를 해결하기 위해 휴대용 DNA 판독기 개발에 나섰다.
今でも遺伝子表示法を利用すれば、原産地や魚の種類を識別できる。
 지금도 유전자 표지법을 이용하면 원산지나 생선 종류를 식별할 수 있다.
試料処理した魚の身を遠心分離機に入れてDNAを分離した後、これを蓄積されたデータベースと照合するという方法だ。
시료처리한 살점을 원심분리기에 넣어 DNA를 분리한 뒤 이를 축적된 데이터베이스와 맞춰보는 방식이다.
しかし遠心分離機のサイズが大きいため実験室でしか確認できず、判読にも5-20日ほどかかる。
하지만 원심분리기의 덩치가 커 실험실에서만 확인이 가능하고, 그나마 판독에 5~20일 정도 걸려 실효성이 적었다.
これに対し、今回開発される携帯用機器は10億分の1メートル(ナノメートル)の大きさの材料を扱うナノ技術を利用するため、機器の大きさがノートパソコン程度になる。
반면 개발될 휴대용 기기는 10억분의 1m(나노미터) 크기의 재료를 다루는 나노기술을 이용하기 때문에 기기의 크기가 노트북 정도로 작아진다.
また水産物200種類のDNA情報を圧縮保存した横・縦2センチの大きさのDNAチップも開発され、現場で魚類の遺伝子情報を確認できる。
또 수산물 200여 종의 DNA 정보를 압축 저장한 가로·세로 2㎝ 크기의 DNA 칩도 만들어 현장에서 생선 등의 유전자 정보를 확인하는 게 가능해진다.
水産科学院のアン・チョルミン研究官は「品質検査機関と地方自治体にまず普及させたい」と述べた。
수산과학원 안철민 연구관은 “품질검사기관과 지방자치단체에 우선 보급할 것”이라고 말했다.


ちなみに、DNA鑑定というのは、私たち人間にも応用されています。
血液その他から人物の特定などを行うのです。
犯罪捜査や親子鑑定に利用されています。


日本でも、肉が国内産か否かで問題になった時期もありましたよね…。
食事というのは、健康につながってくるので誰もが敏感になりやすいと思います。
以上の記事のように、食の安全を守る機械が出てきたのは良いことですね。


安全な食事で、健康な体を目指していきましょう。

それでは、
それでは。
by imuzemi | 2010-06-18 12:41 | 2010年度 軌跡