人気ブログランキング |

虎と蟻のイメージって??

今日は朝から風が強く、大雨になりそうな黒雲がもくもくしていました002.gifそこで今回は風と雨に関することわざを紹介します!

〔日〕風が吹けども山は動ぜず
〔意味〕いくら激しく風が吹いても山は微動だにしない。そのように周囲があれこれ言っても動じないで、自分の生き方を貫くこと。また、心に決めたことは誰が何と言おうとやりぬくこと。

これに対する韓国のことわざは「까마귀 짖어 범 죽으랴(烏鳴いたとて虎死なりょうか)」です。風が吹いたからといって山が動かないように、烏が鳴いても虎は死にません。韓国でも日本同様に烏は身近な存在です。また、虎は韓国のことわざで使用される動物の中で最も多く登場しています。

〔韓〕개미가 거동하면 비가 온다(蟻が挙動すれば雨が降る)
〔意味〕蟻が集団で移動したり、また穴をふさいだりするのは大雨や洪水の前兆である。

これに対する日本のことわざは「蟻は五月の雨を知る」「蜘蛛は大風の吹く前に巣をたたむ」があります。蟻は日韓両方のことわざで多用されており、特に雨と関連したことわざに使用されています。蟻は雨を察知する能力があり、雨が降る前には巣に雨が入らないように巣の入り口を塞ぎます。現在のような詳しい天気予報がなかった時代に、動物や昆虫の動きを見て天気を予想していたことがわかります。

まだまだことわざの種類が少ないので、これから集めていく中で登場する動物や昆虫の使われ方など類似点をどんどん見つけていきたいと思います♪


☆今日のポイント☆
호랑이(虎)
日本で「虎」は恐ろしいイメージですよね?韓国人にとって「虎」は恐れる存在だけでなく親しみもあるんです。実際にソウルオリンピックでもシンボルマークとして「ホドリ」という虎のキャラクターを使用していました。また、虎は雨や農業に関りのある「山神」として昔から崇められてきました。

개미(蟻)
韓国で蟻はいいイメージと悪いイメージの二通りあります。いいイメージは小さいのに休まずよく働くという関心の念から、悪いイメージは何の理想や抱負もなくただ働くだけという蔑みからついています。いいイメージは庶民(農民)が持っていることが多く、悪いイメージは両班気質の人が持っているようです。蟻だけを見ても韓国の歴史が見えてきそうですね。

※「両班(ヤンバン)」とは
文官の「文班(ムンバン)」と武官の「武班(ムバン)」を合わせて「両班」と呼びます。後には両班の子孫で官に就かなかった人も「両班」と呼ぶようになりました。


参考
孔泰瑢『韓国の故事ことわざ辞典』1987.角川書店
金容権 『韓国朝鮮ことわざ辞典』1999.徳間文庫
「名言・ことわざ」http://www.jrslines.co.jp/kondou/data/bbs/friend/epa5002004120576744689/ibsubpage/page9/page9.htm (2010年5月18日取得)
by imuzemi | 2010-05-18 20:22 | 2010年度 軌跡