人気ブログランキング |

観望天気紹介☆

5月というとこで、今回は5月によく見られる観望天気を紹介します!

山に黒雲がかかると大暴風となる
「地上では雨も降らず、風も吹いていないのに山の上部が黒い雲で覆われている」と思ったことはありませんか!?この雲は“上層でかなり強い風が吹く→山にあたって吹きあがる→上昇気流が上空で冷える→水蒸気が凝結→雲になる”という流れで発生しています。上昇気流によって湿った空気が上空に昇り、雲を構成する霧粒が多くなって濃厚な雨となり黒く見えるんです。この黒い雲はかなり発達した低気圧が接近しているときに現れます。梅雨の時期から夏にかけて黒雲が多く見られます。黒雲を見つけた時は大雨に注意してください!!

五月に天気よければ干ばつ
夏の干ばつは太平洋に発生した高気圧の勢力が例年より著しく強く、この高気圧が日本を覆ったときに起こります。移動性高気圧とは違うこの高気圧の発達は5月頃から兆しが見られ、梅雨入りになる5月に晴天が多ければ、夏に干ばつになる可能性が高くなります。すごしやすい気温となる5月に晴れて欲しいとは思いますが、干ばつにならないようしっかりと雨も降ってもらわないと夏に困ってしまいますね(^_^;)

春雷は日照り
雷は夏によく起こります。この雷は強い太陽の光で地面が熱せられ、空気が軽くなって上昇して発生します。夏に雷が多いと天気がよい日が多いということで、豊作となります。さて、5月に起こる雷ですが、東西に延びた前線がよく発達して雷が発生します。5月に雷が多い年は太平洋高気圧の勢力が例年より早く強くなり、夏に日照りとなりやすくなります。

いかがでしたか?5月は夏の気候を左右する大切な時期のようですね。夏の気候がどうなるか、5月の天気を見てみなさんも予想してみてください(^^)
by imuzemi | 2010-05-09 21:55 | 2010年度 軌跡